Natsuki Mio » Blog Archive » 初めてのラブレター
Natsuki

初めてのラブレター

by Natsuki  2011 年 5 月 19 日 – 22:24  category NEWS

最近、ごはんではなくて、言葉の仕事をしました。
いわゆる「コピーライティング」です。
ある組織(というとあやしい感じだけどw)を紹介する,キャッチコピーとボディコピーを書きました。

やってみて思ったのは、私は「言葉にはこだわりがもてるかもな」ということです。
今思えば、昔店舗デザインの仕事をしていた頃、
プレゼン資料の写真につけるキャプションの文章にやたらこだわっていたなあ。
本来なら、造作や什器の細部のおさまりなんかに注意を払うべきなんですが…。
もやもやと形の定まらない考えにぴたっとはまる言葉を見つけたときの爽快感がたまらないんですねえ。
まあ、だからといって、普段のしゃべる言葉を
一言一句厳格に発しているかというと
全くそんなこと、ないんですが。

例えば、こうした日記上の言葉は、
自分の考えを,自分の言葉で表現しますが
仕事としてコピーを書くときは
自分ではないものに、自分が見つけてきた言葉をプレゼントする
といった感覚です。
「対象」を観察し、想像力を働かせ、どこにスポットをあてようか、それをどのような言葉で説明しようか、試行錯誤します。

いきなりですが、わたしはラブレターというものを書いたことがありません。
日記で、「あの人が好きかも!」なんて吐き出したことはあるかもしれませんが
想いを伝える言葉を綴って差し出したことはありません。
私は、相手から見れば、たくさんいる他人の中のひとりでしかなく
そんな「いち他人の私」が思っていることをとうとうと述べて押し付けるのが
どうも気が引けたのです。

ただ、今回、コピーライティングのお仕事をしてみて、
そんな「いち他人でしかない私」の「思い」こそ大事なんではと気づきました。
むしろ,「思い」がなければ、うまく書けない。
「この組織がこうなってもらいたい」とか、「ここがいいところだ」と
私が強く思ったところで、やっと腑に落ちるコピーがかけたのです。
その組織と私の交差点に。

ただ、それは、自分の視点を公共にさらすことになるので
なかなか勇気と責任のいることです。
うまく言えないはがゆさも感じました。
でも同時にわくわくもしました。
ラブレターを書くって、こんな感じなの??
正確に言うと、仕事としてコピーを書くのは
「ラブレターの代筆」かもしれません。
「対象(今回の場合は「ある組織」)」と「コピーを受け取る側」との
恋の成就を請け負う立場とでもいいますか。

ラブレターを一度も書いたことがない私が
書いてしまった代筆ラブレター。
多くの人に、その組織の良さが伝わればいいなと願うばかりです。

Post a Comment