Natsuki Mio » 紹介
Natsuki

くだものの木のオーナーになりませんか?

by Natsuki  2011 年 4 月 19 日 – 10:50  category 紹介

去年一年間「くだもものの木オーナー制度」というものに参加して 大黒屋果樹園さんというところのぶどうの木のオーナーになりました。 収穫されたぶどうは本当に本当においしくて 自分たちの結婚式に来てくれた方には、ジャムにして配ったりもしました。 実は、この大黒屋果樹園さんは福島県福島市飯坂町というところにあります。 飯坂温泉という湯どころで、 地図で見る限りでは、福島第一原発からは60km強はなれたところに位置しています。 今年も、4月になって2011年度オーナーのお誘いが届きましたが わたしは報道を通してしか、福島の、それも一部の地域のことしか知り得ないので 直接、大黒屋果樹園の永倉さんにメールをさせてもらいました。 そのお返事を読んで、今年もやっぱりオーナーになろうと決めました。 以下,ご了解を得て、そのメール全文を掲載させていただきます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ご連絡ありがとうございます。 このメールが無事とどきますよう。・・・ 嬉しく、ありがたく拝見させていただきました。ご心配の件ですが、 現在のところ、福島市は国の放射能基準値を下回っています。 これから国と県および農協の告知を正確に把握しながら 頑張って行くしかないと思っています。 オーナーの皆様におかれましても、大変不安な思いを おかけする事と存じます。収穫まで問題が生じた場合は 直ちにご連絡させていただき、全額ご返済させていただきたいと思います。 私たちは、変わらず美味しく安全な果物を作っていくよう努力します。 夏生様、本当にありがとうございました。どうぞいつかぜひ 遊びにいらしてください。 お会いできる事を祈りながら・・・・失礼します。            大黒屋果樹園  永倉 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 相当の非常事態下ですが そんな中でも、永倉さんは 『変わらず美味しく安全な果物を作っていくよう努力します。』 とおっしゃっています。 震災直後、義援金はわずかながら、送りましたが それとは別に、顔の見える支援ができるのは嬉しいことです。 美味しいものを食べて役に立つのならなおさらです。 我が家だけでは食べきれない収穫量なので 今回は、友人知人に呼びかけて、共同でぶどうの木を所有することになりました。 もし、本ブログを読んでいただいている方の中でも 興味を持たれた方がいらっしゃれば くだものの木のオーナーになってみませんか? 参加農家さんは、他にもいらっしゃって 果物の種類も、りんご、もも、なし、などがあります。 価格も色々ですが、共同オーナーなどで複数人で所有するのも楽しいと思います。 そしたら、みんなで、オーナーツアーを組んで 飯坂温泉に遊びに行きましょう。 お湯につかって、農家さんとじぶんの木に会いに行きましょう! ※ちなみに、オーナーになると、提携宿には1割引で宿泊できます! 以下、参考サイトです。 実は一次〆切が過ぎているので、早めに申し込みされるのがよいかと思います。 飯坂温泉 くだものの木オーナー制度 大黒屋果樹園 HP 大黒屋果樹園さんはHPで、放射線量や作業過程を公開されています。

Natsuki

2011.2.16 朝 dodoさんのパン

by Natsuki  2011 年 2 月 18 日 – 22:18  category 日々のつれづれ, 紹介

昨日の散歩の途中で、ゲットしました「dodo」さんのパン。 手前が米粉のパン。 奥の色の濃いものがカンパーニュ。 どちらもおいしいけど 米粉パンのもちもち感はとても好みでした。

Natsuki

豆!

by Natsuki  2009 年 12 月 10 日 – 12:44  category 日々のつれづれ, 紹介

お歳暮セット(http://www.kashico.net/?p=182)の中の コーヒービーンズチョコに入れたコーヒー豆は 府中にある「南方郵便機」というお店で購入しました。 お店はこちらです→http://www.nanpouyuubinki.com/ チョコとくるみのやつが余分にできたのでお裾分けしにいったら コーヒーの粉を頂きました。 じゃん!いいにおいなんだ、これ。 手前のは、チョコにいれたお豆。 このコーヒーで、また何か作ってきますー。 お歳暮をあげたTさんの奥さんにも、チョコが好評だったようでよかったよかった。 豆のおかげです! ありがとうございましたー。

Natsuki

「時間を食べる」学習編

by Natsuki  2009 年 12 月 6 日 – 03:00  category 日々のつれづれ, 紹介

「時間を食べる」という展示を見に行きました。 「時間を食べる?何それ!?」 という感じで、完全にこのタイトルにやられて見に行きました。 「時間を食べる=時間をかけたものを食べる」 ということで、内容としてはお味噌に関する展示をしていました。 味噌は、大豆と麹を混ぜて、時間をかけて発酵させます。 味噌を味わうということは、その仕込みにかけた時間も一緒に味わうということで このタイトルみたいです。 うーん。いいなあ、この考え方。 この展示では、岩手県のタイマグラという、昭和の終わりにようやく電気が通った土地に住むおばあちゃんが作っていた お味噌がフィーチャーされています。 通常より長く(2年)寝かせて作られたそのお味噌は、複雑でパンチのある匂いがしました。 (実際のものがおいてあって、匂いがかげるようになっています。) これで作ったみそ汁もパンチがあるに違いない。飲みたい。 ビールにチーズに納豆、ヨーグルト、そういえば私は、発酵した食物が大好きだなあ。 時間を食べているからなんかね。 入場無料の展示です。三軒茶屋に行くのならば、のぞいてみてください。 http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/modules/events/event_detail.php?id=263

Natsuki

物言うからだ

by Natsuki  2009 年 12 月 3 日 – 12:51  category 思ったこと考えたこと, 紹介

「パリオペラ座のすべて」を見に行きました。 http://www.paris-opera.jp/ 世界最古のバレエ団、パリオペラ座のドキュメンタリー映画です。 ダンサーの練習風景、ゲネプロ、衣装のお仕事、オペラ座の建物、屋上の養蜂場…などが淡々とつながれた160分。 起伏のない内容だけど、ダンサーの体の動きは、みてて飽きない。 振付家のちょっとしたアドバイスもすぐに反映できる、体の隅々まで神経が通っている体。 そこまでになるためには、どれだけ体を鍛えているんだろうかな。 言葉でないもの(体、動き)で、何かを伝えようとする気迫に、影響されました。 映画館から出たときは、いつもより背筋を気にして歩いてみたり。

Natsuki

きむらの味

by Natsuki  2009 年 11 月 28 日 – 19:17  category 紹介

先週、母方の祖母の四十九日があったので、宮崎に帰省していました。 そのとき、母と二人で「きむら」のラーメンを食べにいきました。 「きむら」は、今は移転してしまったけど、以前は祖母宅から歩いて30秒くらいのところにありました。夏休みに帰省する度に、従兄弟や叔母たちと連れ立って「きむら」にいくのが、イベントでした。 今回食べにいくのは、多分15年ぶりくらい。 食べるのは好きなのに、なぜかラーメンにはとんと興味がなくて、そこそこ有名らしい店で食べても、おいしいなあとか、もう一度食べにきたいなあと思ったことがほとんどない。 ただ「きむら」のラーメンはおいしいと思いました。 といっても最後に食べたのが小学生のころだから 「なんとなく美味しかった」という感覚的な記憶が残ってるなだけなんですが。 さて、そういうわけで、久しぶりに訪れた「きむら」で母と私はチャーシュー麺を頼みました。 チャーシューと、めんまと、あとはもやしだけです。 スープを飲んで、麺をすすって、チャーシューを一口。 スープもチャーシューも塩加減が、自分に合っている気がしました。 スープの出汁がきいているせいなのか、感覚としてはみそ汁を飲んでいるくらいの気持ちで、あれよという間に、飲み干してしまいました。 親子も、ご夫婦も、彼氏彼女も、周りのテーブルの方はみんな、ラーメンと一緒に握り飯をたのんでいるのを見て、ちょっと納得。 「うん、これはやはりみそ汁の位置づけなのか」と。 15年前の味は覚えていないけど、多分変わっていないだろうと思う。 それだけ、シンプルな味がしました。 今度宮崎に帰るのはいつだろうかなあ。 そのときはやっぱりまた食べにいきたいなと思います。 ※ちなみに、最近、ファミリーマートで、きむらのカップラーメンが売り出されたようです。九州は遠いが、ファミマは数分という方、お試しあれー。 ちなみにわたしは食べてないので、カップのが美味しいかどうかはわからないです笑。

Natsuki

ゴールデン街の食べられる壁

by Natsuki  2009 年 11 月 2 日 – 10:06  category 紹介

今年は、ベルリンの壁崩壊20周年だそうです。 うっすらと覚えています。 壁の上に、人がのっかってハンマーみたいなのを振り下ろして、壁を壊しているシーン。 今度、そんなベルリンの壁崩壊20周年を記念という名目で 新宿ゴールデン街にてイベントをすることになりました。 突然ですが、明日11/3の夜です。 タイトルはその名も「独・立ナイト」 すごいですねー。この名前。 しかし、政治色はいっさいなく 女子二人がドイツを肴にして面白い夜をご提供します。 わたしは「食べられるベルリンの壁」を作ります。 食べて壊す、というピースな壁です。 西のひとも東のひとも、人間ですから、人間なら腹は減るのです。 あとは、ドイツ市場風グリューワイン(スバイス入りホット赤ワイン)も出します。 私はもっぱら食担当ですが、ドイツ先生ことマツノリちゃんの ビールが頼めるようになるドイツ語講座とか ドイツ小話(※私的にこれおすすめ)とかのひとひねり知的コーナーもございます。 ドイツにはさしたる縁がなかった私ですが、楽しく準備してます。 naguneは1階がバーで、2階、3階が展示スペースになってます。 ただ、飲みにくるでもよし。 どうぞ、いらしてくださいませ。 11月3日(祝日) 19:00〜26:00 nagune(http://www.nagune.jp/index.html) ショットチャージ(つまみ付き)・1000円   ボトルチャージ(つまみ付き)・1500円 きてくださる方、早めにご連絡もらえると嬉しいです。 ではー。

Natsuki

by Natsuki  2009 年 3 月 18 日 – 14:46  category 思ったこと考えたこと, 紹介

大学の後輩で、なかなかの食通がいます。 ほぼ毎日外食で、さすがに粋で美味しいお店をたくさん知っているのだけど 最近、彼は「質の転換をはかりたい」なんてことを言っていました。 私なりに、解釈すると 「高いお金を出せば、その分美味しいものは食べられるけれど、それでは経済的にも、続かない。できることなら、お金をかけずに豊かな気分になれる食事に切り替えたい。」 というとこでしょうか。 わたしは、野外の食事が好きなのですが、苦しい思いをしてたどり着いた山頂で食べたサンドウィッチ(リュックサックの中でつ ぶれててお世辞にも美味しそうには見えなかった)とか火起こしから初めて1時間かけてつくったカレーとか、高いお金を出さずとも涙が出るほど「うまい!」 と感じた食事はいくつもあるなあと思います。 それは、「食べる前までの時間」が豊かだったからでしょうか。 最近、レシピ本を買いました。 「野菜のお菓子のレシピブック」 渡部 和泉 著 サブタイトルには「やっとみつけた素直なおいしさ」とあります。 レシピをちょこっと抜粋すると 「れんこんとイチジクのタルト、ごぼうの黒糖ケーキ、グリーンピースのプリン…etc」 こういう名前聞くとなんかどきどきします。 冷蔵庫をあけたらある材料で、つくれてしまって、作り立てをほおばれます。 シチューを作ったのこりのにんじんで、翌朝、スコーンをつくっちゃうとか、なんとなく幸せだなあと思います。 後輩の話を聞いていていて、このレシピ本を見て私が感じる幸福感と彼の言うお金をかけない豊かさってのはつながるところがあるのかと思いました。 極上の味でなくても、その場や時間が楽しくなる そんな風なお菓子を作れたらいいと思ったりしました。 ↓早速「アボガドとベーコンのマフィン」を作ってみました。