Natsuki Mio » 日々のつれづれ
Natsuki

子の背中

by Natsuki  2016 年 8 月 30 日 – 12:09  category BLOG, 思ったこと考えたこと, 日々のつれづれ

娘があっという間に生後6ヶ月を過ぎた。 この半年の間、寝返りにはじまり、ずり這い、おすわりと 誰に教わるでもなく着々と体を鍛えている(というつもりは、本人にないだろうけど)。 その姿は0歳児とはいえたくましいなあと感心するばかりです。 興味の赴くままに移動したり目線を変えられるようになって、ぐっと世界が広がっているんだろうな。 そうやって自分で動けるようになってきて ふと、娘の背中を見る機会が増えたなと思った。 ずり這いで進んでいるとき、おすわりしておもちゃで遊んでるとき。 すごく小さい背中なんだけど、眺めていると 「あ、ひとりの人間なんだな」と思えてくる。 「背中を見せる」ということは、 それだけ筋力がついてきた、という身体の成長でもあるし たとえ一瞬だとしても「こちら(親)」ではなく「あちら(外)」に興味が向いているので 自我の現れる兆し、とも言えるのかな。 やはり、本人にそのつもりはないだろうけど。 これからどんどん背中を向けられることが多くなるんだろうなあ。 寂しいような誇らしいような。 背中は、親が子に見せるもんだというイメージだったけど 子の背中を見て感じ入ることもあるのだな、という発見でした。

Natsuki

meet the ミート

by Natsuki  2016 年 6 月 10 日 – 16:55  category 日々のつれづれ

うちから歩いて1分ほどの近さに肉屋さんがある。 あることは知っていたけど 引っ越してから1年ちょっと経った今まで 行ったことがなかった。 ところが、1、2週間前にベビーカーに娘を乗せて その肉屋さんの前を偶然通ったとき 数人の主婦の方々が立て続けにその店に入っていったのを見て これは、と思った。 「このお店は近隣住民に支持されているにちがいない…。」 それからというもの、その肉屋さんに行く機会をうかがっていて (めちゃくちゃ近いけれども、0歳児がいるとなかなか行けない。) 今日、これは、というタイミングがやってきた。 入店すると、店のご主人と思われる、40〜50代の男性が店番をしていた。 ひき肉を買おうとするも、ショーケースには値札しかなく 尋ねてみると、ありますよ、とのことで 奥の冷蔵庫とかから出してきてくれるのかなと思ったら その場で、肉を薄切りにしたのち、ミンチにしてくれた。 なんと、挽きたてとは。 もしかしたら、昔はこういう、「注文後に挽く」というスタイルは当たり前だったのかな? でも、すでに挽かれてパックされたお肉に慣れてる身としては、 初めての体験で、嬉しい。少し待つけれど、待つのも含めて、嬉しい、と思った。 その「待ち」の間に、「暑いですね」「そうですね」というやりとりをして 普通の世間話といえばそうなんだけれど 切り出すタイミングとか声の感じが自然だったので思わず気持ちがゆるんだ。 さらに、パッと目をあげたら 警察からの感謝状が、額に入れられて飾ってあって 読んでみると、どうやらご主人(ではない、別のお店の方かもしれないけど)は、振り込め詐欺を未然に防止したらしい。 ご主人(じゃないかもしれないけど)が、年配のお客さんを相手に、「それはもしかして詐欺ではないですか?」とやさしく諭す姿を想像して 肉を挽いてもらっている数分の間に、私のなかでのご主人の好感度は、勝手に鰻上り(肉屋さんだけど)となったのでした。 肝心のお肉のお味については、本日これから調理するのでまた今度、ですが こんな始まりなので、ちょっと上乗せされて旨く感じられてしまうかもしれないです。

Natsuki

しゃべる、呼吸する

by Natsuki  2015 年 11 月 12 日 – 21:35  category BLOG, 思ったこと考えたこと, 日々のつれづれ

昨日、仕事でお世話になっている、ある企業のマーケティング部署の方々から 夫と共にインタビューを受けた。 インタビューといっても、大げさなものではなくざっくばらんに雑談する感じですが。 話した内容は「千葉で働き、暮らすことになったきっかけ」とか 「今千葉で暮らして思っていること」、「この地域の人やお店やムーブメントについて」などなど。 2時間ほどいろんなことを喋った。 夫はこのトピックについては、水を得た魚のようによくしゃべるので 振り返れば私は自然と控えめになってたけど笑、それでもしゃべった。 質問をされたり、会話をしていくことで 言語化されてなかった部分がするするとアウトプットされていく様が 自分でも楽しかった。 話していて、ひとつ気づいたのは 自分たちは、都度、そのときの時代の空気、社会環境やムーブメントに少なからず影響を受けてきたんだということ。 例えば、千葉で働いて、千葉に住む、ということを決めたころは 東京R不動産がすでに広く認知されていて、空きオフィスが多かった馬喰町がイケてる街に様変わりしていたときだった。 こうした背景が、自分たちの選択を後押ししてくれたのは間違いない。 そのほかにも通っていた大学の立地やカリキュラム、同級生といった人間環境 ネットの普及とネット環境の整備といった社会環境 自分では、コントロール仕切れないものと呼応してきて、今の自分たちがあるんだと思った。 無意識でも、その都度、ちゃんとそのときの空気で呼吸してきたんだということを自覚したのでした。 よい時間でした。

Natsuki

Input & Output

by Natsuki  2015 年 10 月 13 日 – 20:26  category 日々のつれづれ

妊娠5ヶ月目を過ぎて、辛かったつわりもようやく終わりを告げた。 食べ好きとしては、ご飯がおいしくいただけるようになって嬉しいと思ったら 今度は違う困りごとがやってきた。 それは、ずばり「便秘」である。 これまで、有り難いことに便秘に悩まされたことがなく 対策方法がよくわからない。 とりあえず、ググッてみると ・繊維質の食事をとる ・水をたくさん飲む(朝一は特に効果的) ・ヨーグルトをとる ・オリゴ糖をとる などなど。 なんとなく効きそう。 早速あれやこれやと試しに摂ってみた。 ただ、悪化はしないけれどさほどの効果も感じない。 改めて検索したり、考えてみたりした結果、 「腸を休ませる」 という、これまでの、何かを「摂取」せねば! という強迫観念とは一転した策に辿り着いた。 ・控えめの朝食 ・サラーッとした消化によいものをとる ・食べ過ぎない ・とにかくよく噛む ということを試してみた結果、これが効果てきめんだった。 押してダメなら引いてみろとはまさにこの事。 仮説と検証が的中した快感を感じた。(もちろん「出た」ことも快感) ちなみに、妊娠期間中、何かと摂取を激推しされる青菜類も 柔らかく蒸して出汁と一緒にミキサーに入れてスープにしてとったら かなりお通じに効きました。 食べることは大好きだけれど、インプット続きでは体がきつい。 インとアウトは1セットで気持ちが良いのだということを痛感したわけです。 学習も座学と演習がワンセットだったり、日々の生活も人からの影響ばかりではつまらないものです。万事がイン&アウト。便秘を通じて真理を得た気分です。

Natsuki

しずかのおしえ

by Natsuki  2015 年 9 月 13 日 – 21:01  category 思ったこと考えたこと, 日々のつれづれ

「普段は全然忘れているのに、なぜかある瞬間にふと思い出して、なんでこんなこと長年覚えているんだろう」って思う話、その一つ。 昔、お小遣いをもらって、小学館の雑誌、「小学○年生」を買っていたのだけど あるときその付録に「おまじないブック」みたいなものがついていました。 当時小学生女子の間で、おまじないというのは、絶大な人気と地位があり 女子同士のコミュニケーションツールのようになっていました。 このおまじないブックは、そのおまじない人気とアイドル人気を掛け合わせて 「アイドルたちがお勧めするおまじない」がまとめられたものでした。 当時、活躍中のアイドルが、本当か嘘か、さも普段から実践しているかのように 「このおまじない、効果があるからやってみて!」風な文章で紹介していました。 その中でも、なぜか私がこの年まで覚えているのが 工藤静香がお勧めしていたおまじないで それが、 「洗濯物を正座してゆっくりたたむと心が落ち着くよ!」 というようなものでした。 割と従順であった小学生の時分でも 「これおまじないじゃなくない?」 と、静香に突っ込んだのを覚えています。 さらに、「アイドル」のイメージと「洗濯物をたたむ」という日常的で地味な姿があまりにかけ離れていて おそらくは、ほとんどのおまじないがアイドルとは無関係に紹介されているであろう中で これだけは、絶対にやっていないな、と思っていました。 ただ、一番信じてなかったおまじないの割りに、強くそう感じただけあって 取り込んで山積みになった洗濯物を前にすると ふと、この静香のおまじない(?)を思い出します。 で、正座はしないまでも、丁寧にたたんでみようかなとか思ったりして 数十年の時を越えて、実践しちゃっている自分。 おまじないというより、小学生にはちょっと早すぎた生活の知恵的なものだったのかな。 人生めぐりめぐって何が教えになるか、わからないなと思いました。

Natsuki

ううじんさんのCDを買う

by Natsuki  2013 年 5 月 23 日 – 20:05  category 思ったこと考えたこと, 日々のつれづれ

久しぶりにCDを買いました。 「ううじん」さんという女性ミュージシャンのCD。 ご近所のcafe STANDにお昼を食べにいったときに 「ううじん」さんの曲が流れていました。 STANDは日当りが抜群によくて わたしはそこが大好きで そんな日なたの景色に 曲がぴったり合っていました。 仕事の合間なのに ずいぶんずいぶんほっとしました。 突然目の前に見えている風景が 映画のスローモ−ションに見えるような感覚というか。 その場でスタッフさんに 「これって誰の曲ですか?」 と聞いて、ホームページを調べて 試聴した曲もとてもよくて それでトントン拍子にCDを購入しました。 (ホームページの雰囲気も好き) 調べたらamazonでも購入できたみたいです。 しかも送料が無料でした。 でも、せっかく心がきれいに動いたのだから 直接購入したいと思って 「よく行くカフェで流れていて聞きたくなったこと」 「届くのを楽しみにしていること」を添えて HPから購入希望のメールを送りました。 注文確認メールが返ってきて メールの末尾に ううじんより三尾夏生さまへ というメッセージがありました。 そして、今日CDが届きました。 CDは薄紙にくるまれていて とても丁寧に梱包されていました。 メッセージカードも入っていました。 なんだかいい買い物をしたなと 胸が暖かくなったのでした。 お金とCD以上にやり取りができたような気がして 今後もなるべくならこんな買い物をしていきたいと思いました。 ううじんホームページ 曲が試聴できますよ。

Natsuki

玄米を炊く運動神経

by Natsuki  2013 年 2 月 3 日 – 21:11  category 思ったこと考えたこと, 日々のつれづれ, 毎日の食事

やっと思うように、玄米が炊けました。 去年の11月頃 忙しさが落ち着いてきたこと 夫のお母さんに圧力鍋をゆずってもらったこと をきっかけに玄米を炊くようになりました。 鍋で炊くので、水を計る必要があるんだけど カップで計量するのが面倒なので 「体で」覚えるように訓練してきました。 「体で」っていうのは 米と水を適当に入れた鍋に 手のひらを、米の表面を押さえつけるように入れて 手のどのあたりに水位がくるかで 適切な水の量を決める ということです。 試行錯誤してきた結果 本日めでたく理想の水位が決まりました。 (右手の手の甲の脈が浮き出ているあたりがベストラインのようです。) そもそもは玄米の炊飯を簡単にしたいという思いで (うちの鍋で炊くのにちょうど良い)6合ごとに米を小分けにしておき その6合に合わせた水の量を自分の体の感覚で覚えることにしました。 私にとっては、こうやって体で覚えるというのがやっぱりあってるなと思います。 「体の感覚で計る」ということは、以前、少しだけお世話になったカフェの親方(カフェで親方というのもどうかと思うけどそういう言葉がぴったりの人でした)に教えてもらったことです。 「お米を炊くときは、ちゃんと計量した水を入れた後、必ず自分の手を入れて確かめなさい。」 その他にも、自分のこぶしの大きさとか、親指の第一関節までの大きさとかが、計量の基準にできると教わりました。 不思議とこの親方に言われた言葉は、時折思い出します。 料理をするときの理想は、できることならレシピを見ない。 それを自分の体の感覚で再現できるようになれればいいなといつも思います。 それは一種の「運動」みたいなものかなと思ったりします。    

Natsuki

2年目の冬の朝

by Natsuki  2012 年 11 月 27 日 – 18:10  category 日々のつれづれ

今のマンションに移り住んでから 2年経ったけれど 早起きになって 改めて発見したことがある。 我が家に降り注ぐ「冬の朝日はとびきり眩しい。」 出勤前に洗濯物を干そうとする時間は 冬の低い太陽がちょうど真正面に来る。 というわけで 最近は、サングラスをかけて 洗濯物を干しています。 冬だけど、恥ずかしいけど。 背に腹は変えられません。 昔から早起きはSUN文の得 と言ったり言わなかったり…。   ———————– サングラス ———————– 4年前、オーストラリアへ旅行する時に 「オーストラリア上空はオゾン層が壊れているから紫外線が半端ない」 と脅されて買いました。 半端ない紫外線を浴びておかしくなったのかどうか このオーストラリア旅行で退職を決意したのでした。 ああ、懐かしき思い出。 ———————–    

Natsuki

甘い確信犯

by Natsuki  2012 年 11 月 21 日 – 18:56  category 日々のつれづれ

                  千葉大でわたしの上司に当たるMさん(男性)は 無類の甘党でしかも舌が肥えている。 あるとき、西千葉周辺のおすすめのケーキ屋は? と尋ねられたので 迷わず「ル・グレ」を推薦した。 それからというもの Mさんは、毎月数回、ル・グレのケーキを買ってきてくれるようになった。 しかも係のひとたち全員に。 毎回恐縮しながらいただいているけれど 慣れとは怖いもので そのうち「今月もそろそろかな…」なんて思い始める。 Mさんが席を空けている時間で 「あ、今買いに行ってるな」という勘もはたらくようになってしまった。 先週末のお昼、ランチを食べにル・グレへ行ったところ 新作が2品並んでいた。迷いに迷って、片方を選んだ。 そして翌日、早速Mさんに「新作が2つ出てましたよ!」と報告。 その2日後の今日、 Mさんはル・グレへ新作を買いに行った。 何も言わずに出て行ったけど わたしにはわかってしまった。 席を空けている時間で確信した。 自分でもおそろしい。 これが本当の確信犯だ。 えてして、週末に泣く泣く除外したもうひとつの新作を そのほんの数日後に食べれることとなった。 ああ、我ながらなんていやしい。 そういえば、週末に食べた方のケーキも Mさんがためたル・グレのポイントカードを頂いたおかげで 無料だったんだ。 自分の持ち出し、ゼロ。 ああ、なんていやしい…。 ----------------------- ル・グレ ----------------------- http://www.gre.shop-site.jp/gre/ いわば、大学時代の青春です。 今でも、よく行きます。 -----------------------

Natsuki

2011.09.18-19 福島と仙台の旅 その1

by Natsuki  2011 年 9 月 24 日 – 03:19  category 日々のつれづれ

先週末、夜行バスにのって、福島へ向かいました。 目的地は、福島市飯坂温泉にある「大黒屋果樹園」さん。 以前のブログでも書きましたが、 わたしたち30家と大学の後輩のおいちゃん&ともこ夫婦は 共同でこの果樹園のぶどうの木のオーナーになりました。 原発事故があり、大変だったであろうこの一年ですが 無事、立派に育ったとのことで、収穫にうかがいました。 飯坂温泉駅でおいちゃんとトモコ夫婦と合流し、午前10時頃、果樹園に到着しました。 永倉さん夫婦に、出迎えてもらい、早速ぶどう畑へ。 お天気にも恵まれたこの日。ぶどうの木の下は木漏れ日がとっても気持ちがよかったです。 ぶどうの木は、直立すると頭をぶつけるくらいの高さなので、30氏などは、しっかり腰を曲げたじいちゃん歩きで移動しています。 おいちゃん。 フレッシュなぶどうとフレッシュなトモコw。 ぶどう畑で集合写真 ぶどうの収穫作業は、ぱちんとはさみで房を切り取るもので わずかな時間で終わりました。 でも、なんだかとても充実した気分になれました。 本当にひとつひとつ手をかけてもらって大きくなったんだなあと実感。 こんな大変な一年を、乗り越えたぶどうはとても重みがありました。 実は去年も、このオーナー制度に参加していました。 ただ、去年の今頃はとにかくバタバタだったので 収穫に伺うことが出来ませんでした。 一年越しにようやくお会いすることが出来た永倉夫妻は、朗らかで温かくて お邪魔した私たちも元気をもらうくらいでした。 おいしいぶどうを育てていただいて本当にありがとうございました。 名残おしくも、果樹園を去る時、時計をみればまだ午前中! すごい! まだまだ、旅はつづきます。