Natsuki Mio » イベント
Natsuki

幻の場所 ー山のおんぶ2013ー

by Natsuki  2013 年 10 月 22 日 – 23:51  category direction, イベント

今年の「山のおんぶ」が終わりました。 1日続く土砂降りの中、初の室内開催となりました。 私は斜面にあるデッキエリアの 装飾・デザインを担当していました。 この場所ありきで考えてきたので 前日設営したあれこれを雨の中に残したまま 室内会場に向かうときは やっぱりとても残念でした。 でも、こんな雨の中でも楽しみに来てくれる お客さんがとてもたくさんいて 予想に反してイベントは大盛況でした。 いつもゆっくりとしゃべれない出店者さんやパフォーマーの方とも いろいろお話ができて楽しかったです。 ようやく小雨になった午後、まさに「日の目を見なかった」デッキエリアの撮影に行きました。 もう、わが子を撮るかのようにたくさん撮りました笑。     今回I‘mU Projectの展示ブース用に、あたらしくチャレンジして作ったのがナガラをつかったテーブル&チェアです。晴れていれば、ここに座って、アウトドアウェディングのアルバムを見てもらう予定でした。 わたしの書いたスケッチをもとに、響さん(WO-un)と古さんが形にしてくれました。 そして、当日これを実際に設営してくれたのが響さんのお父さんです。 さらにこのテーブルとブース全体を、野草のアレンジでさらに魅力的にしてくれたのが、Ederaさんです。(ここで使われているのは、すべてEderaさんが自宅近くで摘んできてくれたこの地域の野草です。アレンジも脱帽のセンス。これぞ“自然に学んだおもてなし”だなと思いました。) みんなの頭と手を経由して、本当にすてきなテーブル&チェアができあがりました。 お客さんにはぜひここでのんびりしてもらいたかった。             今回は、いつも一緒にやってきた渡邉紘子ちゃんが 彼女自身の個展の作品制作があったので はじめて一人で準備することになりました。 物理的にも精神的にも、彼女に助けられていた部分を 身をもって感じました。 それでも、(お披露目はできなかったけど)なんとかやり切れたのは 強力スタッフに囲まれているからです。 この場を借りて、「ありがとう」と「お疲れ様」を。 わたしはみんなとやれて幸せです。 そして、大雨の中足を運んでくれたお客さん イベント盛り上げてくれた出店者、出演者のみなさん 本当にありがとうございました。 お礼を申し上げます。 そして 来年は、今回、発揮しきれなかった分を大盛り上乗せして 楽しんでもらえると思います。 これぞ、本当の「倍返し」です。 乞うご期待!

Natsuki

出張からっぽ食堂@ユウリくん&マナミさん結婚パーティ

by Natsuki  2013 年 5 月 7 日 – 21:40  category food, イベント

久しぶりにからっぽ食堂、「食堂」として出店してきました。 4月28日(日)、京葉線の稲毛海岸駅にある「SHITSURAI」(シツライ)というイベントスペースで 音楽家の宮内優里くんと バンドgoomiの麻奈美さんが結婚パーティーを開きました。 からっぽ食堂は、ごはんとおつまみの販売をさせてもらいました。 メニューはおなじみ「クルミの糖衣がけ(シナモン&ペッパー)」と 紙コップで作る「イロイロ押し寿司(にんじん、桜&クルミ&かぶの葉、きゅうり&レモン&ツナ)」です。 (個人的に紙コップ押し寿司はとても思い入れがありまして…。かつてライブパフォーマンスとして寿司を作るため、誕生したメニューです。) 今回の制作は、夫30氏が全面協力です。 キュウリを一枚一枚箸でつまんでコップの底に敷き詰めるなど わたしにはない几帳面さを発揮してくれて 仕上がりがぐんと綺麗になりました。 会場装飾は、sunshin to youの木原さんでした。 さすがにかわいかったー。 実はこっそりとファンなのでお会いできて嬉しかったです…。 (恥ずかしがっっちゃって?木原さんともっとしゃべっておけばよかったー。) しかも木原さん作のからっぽ食堂の看板が用意されていました。 たまらん、かわいい。 主役の新郎、優里くんはいまやどんどんビッグになっていきます。 J-WAVE聞けば優里君だもんなあ。すごいなあ。 活躍っぷりは優里君のサイトをご覧あれー。 しかし変わらず気さくです、ナイスガイです。 夫婦で競演の1枚。新婦、マナミさんの「ウェディングドレスでベース」はめちゃしびれたー。かっこよかったー。 一緒に演奏していたバンド「キルケ」もすごいかっこ良かったです。 食堂の方は 久しぶりの販売でドキドキしましたが笑 ちゃんと買っていただけて嬉しかったです。 やっぱり結婚式はいいです。 デザインにしろフードにしろ お手伝いできるのはとてもハッピーです。 そうそう、優里くんはKARAPPOのオープニングパーティで 家業の獅子舞を披露してくれました。 今度は、微力ながら優里君の「門出」をお手伝いできて嬉しかったです。 ユウリくん、マナミさん、どうぞお幸せにー。 ↑パーティの最後。主役の二人と。 「今、会場につきました!風にフレッシュに撮ろう」がテーマのポーズです。

Natsuki

2011.8.28 朝ヨガ&朝ごはん

by Natsuki  2011 年 9 月 5 日 – 16:42  category イベント

前回に引き続き、夏休みの日記を一気に書き上げる気分で更新しております(笑)。 8月最後の日曜日、千葉のポートパークで行われた「朝ヨガ&朝ごはん」の会で、 朝ごはんを作らせてもらいました。 これは、毎月おもしろいテーマで「学び」の会を行っているおけいこカフェの8月の企画です。 朝7時半という、なかなかハードな集合時間でしたが この時間の公園は、ほんとうに清々しくて気持ちよかったです。 木陰もちょうどよく広がってて。 ヨガの先生は慈香(いつか)さん。(後ろ向きですが) とても華奢でかわいらしい方ですが ひとたびヨガを始めると、しっかり「先生」の様子。 わたしは、朝ごはんの準備で、ヨガは少ししかできなかったけど 本当に気持ちよかったです。 朝という時間と、公園の芝、目をつぶると、風と蝉の音を感じました。 さて、朝ごはんですが、「野菜のお寿司」と「じゃがいものすり流し」を作りました。 お野菜の仕入れは、「ゆうきネット」の喜屋武さんに、今回もお願いしました。 イベントで朝ごはんを作るのは今回がはじめてでした。 しかもヨガの前後は、本来ならば、食事をとらない方がよいと言われているようで 「さて、何をつくったらいいだろう?」 と随分悩みました。 メニューを考えるにあたっては 先生の慈香さんに、アーユルベーダの考え方を少し教えてもらったり わがまま言って、KARAPPO事務所でプレ「ヨガ会」をやってもらったりもしました笑。 とにかくヨガの気持ちよさをそのままに、食べて、体にすっと馴染む感じをイメージして作りました。 試行錯誤のかいあって、お寿司もすり流しも好評を頂きました。 なすやピーマン嫌いなお子さんも「おいしー」といって食べてくれたのはうれしかったなあ。 ↑すりながしをごくごく飲んでくれていた参加者のももちゃん 飲み物はTreasure River Book Cafeの宝川くんが用意してくれました。 そして、お寿司の下にしいた経木は山武市で活動しているWO-unのクリさん&きょうさんから提供してもらいました。山武杉の経木なんてとっても贅沢です。 わたしがいつもお世話になっているみどり台のパン屋さん「dodo」の本行さんもお姉さんと一緒に参加してくれて、気持ちよかったーと言っていました。 他の参加者のみなさんも「朝ヨガ」の気持ちよさを体感されていたようでした。 おけいこカフェは、毎月、おもしろいテーマ&先生で楽しく「おけいこ」できるそうです。 9月は「日本酒」がテーマ。これ、なかなか興味深いのでわたしも参加しようと思っています。 どうぞチェックしてみてください。 おけいこカフェ

Natsuki

2011.7.2 BOOKNOTでラップ

by Natsuki  2011 年 7 月 6 日 – 00:55  category イベント

久しぶりになってしまいました。 前回の更新から、流れ流れて、もう7月です。 クーラーのない我が家は、日々是、暑さとの戦いです。 さて、7月2日(土)、「Treasure River Book Cafe」(略してトレリバ)の宝川くんと千葉大の天川くんが主催しているブックマーケット「Booknot」にからっぽ食堂、出張してきました。 今回、からっぽ食堂では「キョフテとラタトィユのラップサンド」を出しました。 じゃん。こんな感じ。 キョフテは、パセリやスパイスの入ったハンバーグ のようなものでトルコ風肉団子とか言われたりもします。 いつものからっぽ食堂でもよく作ります。 これに、ラタトゥイユと紫キャベツのザワークラウトをのせました。 色濃いのが集まると、夏っぽい色になりますねえ。 (今回は、屋外だったので断念しましたが、さらにヨーグルトソースをかけると、ぐっとうまくなるぜ!) 実は、屋外のイベントに出店するのは初めてでした。 いろんなことが勉強になりました。 パッケージだったりディスプレイだったり商品バリエーションだったり。 そんなこと、昔の仕事で、たくさんやったでしょ! と、自分でも思うのですが 売り場をつくるのも、売るのも自分でやると 実感が全然違います。かなり面白い! 反省点も多々あるので、次回に生かしたいと思います。 BOOKNOTは奇数月の第一土曜日にやっています。 次回も、出させてもらおうと思っているので ぜひぜひ、遊びに来てください。

Natsuki

ウェディングケーキを作りました

by Natsuki  2011 年 4 月 6 日 – 21:14  category イベント

2011年4月2日。 友人二人の結婚式が3331 Arts Chiyodaで行われました。 3331で結婚式が行われるのは今回が初めてです。 二人が、縁のあるこの場所で挙式することを望み それを3331にプレゼンするところからスタートしました。 会場、料理、ドレス、音響…etc、 あらゆることを全て、友人、知人たちが協力して作りあげた 展覧会のような結婚式、その名も「KEKKON展」です。 新郎は、DJとして、またAAPAなどで舞台音響家として活動しているコウダくん。 新婦はモコメシの屋号で、活躍中のフードデザイナー、ともちゃんです。 二人とも、大学時代からの大切な友人であります。 そして、このKEKKON展で からっぽ食堂は、ウェディングケーキを制作させてもらいました。 正確に言うと、「からっぽ食堂とKARAPPO共同で作ってほしい」という依頼だったので、わたし(からっぽ食堂)はケーキの制作担当、 三尾くん&テラ(KARAPPO)は、メカニカル部門担当に別れての総力戦です。 「ケーキのメカニカル部門って何よ?」 って感じですね。 はい、当然の疑問です(笑)。 まずは、ケーキ部門について。 わたしは、4種類のケーキを作りました。 それぞれ2つずつ新郎、新婦を表すアイコンのケーキになっています。 写真上から お日様ケーキ 新郎コウダくんがかつてお天気の会社に勤めており、お天気に詳しいことに由来。 柑橘類がたっぷりのムース。 DJ CODAのレコードケーキ DJコウダのレコードをターンテーブルにのせてみました。 チョコのタルト。 モコメシのお椀ケーキ ともちゃんの屋号「モコメシ」の、赤いお椀のロゴマークにちなみ、お椀型の真っ赤なケーキ。 トマトを混ぜたレアチーズケーキの上にトマトのジュレを流しました。 スパイスたっぷりのよなよなケーキ ビール好き&スパイス料理が得意な新婦に シナモンを入れたビールケーキをつくりました。 ビールは、コウダ家で愛飲されているという、「よなよなエール」を使用。 形はともちゃん第二の故郷「インド」の形(と言い張りました。) 以上、4つです。 上の写真は、二人が、お日様ケーキに入刀し、 扇形にカットしたものを、ファーストバイトした後のものです。 よーく眺めていると、何かに見えませんか? ………ん?! はい!そうです! 「COD△(A)」と読めますね!? アイコンと見せかけて、ケーキカットをすると「CODA」になるというオチであります。 そしてフィナーレはメカニカル担当の出番です。 「最後にKARAPPOからお祝いのメッセージを送ります!」 を合図に、 垂れ幕がバンと降りて 「祝CODA家!」の文字がドン! ケーキを上部からウェブカメラで撮影し、作っておいた画像にはめ込みました。 懐かしのプリクラですねー。 写真は、ケーキタイムが終わってテーブルを動かした後に撮ったので枠からずれてますけどもw。 以上、今回のケーキの説明でございました。 その場にいないと理解しがたいと思いながらも無理矢理説明してみましたー。 しかも、気持ち入ってたもので、長くなりました。 なんとなくでも伝わったでしょうか。 結婚式に呼んでもらうと、本当に心があたたかくなります。 この日は、昔から知っている友人同士の式であり いろいろと自粛ムードの中なので、余計です。 今後も、ウェディングケーキ、作っていきたいなあと思いました。 おめでたいニュースのある方、どうぞからっぽ食堂に一声おかけくださーい。 (KARAPPOの演出もつけられる?かも笑。)

Natsuki

初出張の後日談

by Natsuki  2011 年 3 月 21 日 – 20:08  category イベント, 日々のつれづれ, 毎日の食事

gris sourisの「春色いろ」への出張時、テーブルに花をかざりました。 からっぽ食堂の出番は、イベント最初の3日間で終わりましたが お花はまだまだ元気だったので 後半2日間にごはんを出される「mizuiro coffee」さんの営業時も 引き続き、置いてもらうことにしました。 そしたら、イベントの最終日にとても素敵なメールを頂きました。 素描家のしゅんしゅんさんからです。 しゅんしゅんさんが、gris souris別室で mizuiro coffeeさんのごはんを頂いていた時 卓上の花に気づいてくれたんだそうです。 以下いただいたメール文の一部です。 『日々緊迫するこのごろですが 花たちはただただ咲いている。 自分たちにできることは咲くことだけ。 その命の姿にはっとさせられました。 (中略) 愛らしい姿にいやされましたので 素描させていただきました。』 描いていただいたお花の絵は 現在、しゅんしゅんさんのHPのトップ画像になっています。 とても素敵なので、是非ご覧ください。 春の訪れに気づいてもらえればなあという 自分の意図を 受け止めてもらえていて とても嬉しかったです。 ちなみに今回飾ったお花ですが 家の近くにある「little bouquets」(リトルブーケ)というお花屋さんで、購入しました。 イベントで飾るんですと言ったら、随分サービスしてくれました。 素敵なお花屋さんが家の近くにある、これもまた嬉しいことだなあ。 ↑おまけしてもらったお花たち。

Natsuki

春色いろーからっぽ食堂の初出張ー

by Natsuki  2011 年 3 月 20 日 – 20:47  category イベント, 毎日の食事

2011年3月15日。 地震発生から、4日。 gris souris(グリスーリ)のイベント「春色いろ」は 予定通り、開催初日を迎えました。 からっぽ食堂はイベントの前半3日間(15〜17日) お店の奥にある、gris souris別室にして 春色のごはんをお出ししました。 今回は、記念すべきからっぽ食堂の初出張です。 私に出来ることは こんな大変な状況の中、来てくれた方に すこしでも春を感じてもらうことだと思って 精一杯やりました。 d ↑今回お出しした「ごはんのキッシュ」プレートです。 台の部分にごはんを使ったキッシュ、カブのスープ、サラダです。 もうひとつ、「春色玄米ごはんとお惣菜」プレートというのも作ったのですが すみません、写真撮り忘れました…。ひー。 下は、デザートのほうじ茶プリンです。 プレートに使わせていただいた器は、直井真奈美さん作です。 素敵なんです、本当に。 料理を盛っていて、楽しくなります。 お客さんにも、とても評判が良かったです。 直井さんは、陶芸作家さんでもあり、コーヒーをいれる人でもあります。 器の作り手でもあり、使い手でもあるのです。 gris sourisの通常営業時にも、金曜日と土曜日 「mizuiro coffee」の屋号でごはんを出されています。 今回の「春色いろ」でも後半の2日間は、直井さんがごはんを出されました。 ↑今回お手伝いしていただいた、琴野さんです。 琴野さんは、この間、わたしが初めてボランティアをした アースデイマーケット千葉にお客さんで来てくれた方です。 野菜ソムリエであり、紅茶コーディネーターでもあります。 そして、ご近所さんです。 今回出した紅茶(マレーシアのキャメロンハイランド産の「BOH」ティー)のセレクトも 琴野さんにしてもらいました。 ↑今回、お野菜やお米を出品されていた、さがみこ有機畑の熊谷さんです。 熊谷さんは、食に農に、とても熱い方です。 私が作ったごはんも食べていただきました。 お褒めの言葉も頂きましたが、 「料理つくるもの、素材は吟味すべし」 とも教えられました。 ↓そしてこれが、熊谷さんのつくったお野菜たち。 おいしいのはもちろん、とても見栄えがします。 レタスだけで数種類並んでいましたが、南国の植物みたいにエキゾチック。 そして、とても丈夫。 すこし分けていただいたのですが、翌日でもが葉がぱりっとしていました。 琴野さんと、「人間で言うと健康美人な感じだね」と話していました。 ↓そして、ここが、3日間、からっぽ食堂が出張させてもらったgris souris別室。 この部屋にいる間は、地震情報の嵐とも無縁でした。 よい意味で、隔離されていました。 目に入るのは、窓の外で春風に翻る布と、満開の梅の花だけです。 ただただ、春を感じるだけの場所でした。 だから、とても幸せでした。 来てくださった方の中には 遠路はるばる来てくれた方、 「外に出るきっかけになった」とか「地震以来、初めて、外に出たんですよー」 とおっしゃる方がいました。 電力、交通、物資、放射能、不安は確かにあります。 イベント中も、親から、友人から 「大丈夫なのか?」 という連絡をいくつももらいました。 そんな中でも、私たちは、 何を見て何を聞き何を感じるか、自分たちをどこに向かわせるか 選択の余地があると思います。 からっぽ食堂の初出張は、 おいしい野菜に感動したり 来てくれたお客さんと会話をしたり 作ったものをほめられて嬉しくなったり 春がきていることに心躍らせたり 楽しく終えることが出来ました。 この機会を与えてくださり、たくさんの元気をもらったgris sourisの店主りなさん 手伝ってくれた琴野さん、 協力してくれた家族とKarappoのみんな、 来てくださったみなさんに心から感謝します。 本当にありがとうございました。

Natsuki

「イベントやります。」

by Natsuki  2011 年 3 月 14 日 – 15:17  category イベント, 毎日の食事

みなさま、ご無事ですか。 からっぽ食堂は、幸い、皿が数枚われる程度の被害ですみました。 Karappoオフィスも社員も無事です。 ありがたいことです。 さて明日から始まる「gris souris」さんのイベント「春色いろ」は 予定通り、開催されます。 からっぽ食堂は、gris souris別室と呼ばれる、お店の奥にあるカフェスペースで 明日15日から17日、各日11時から16時半まで 春色のごはんを用意してお待ちしております。 「イベントやります。」とはgris souris店主の飯島さんのブログのタイトルです。 迷いながらも、開催に踏み切った過程が書かれていました。 http://grissouris.exblog.jp/14425313/ ブログの最後の一言だけ引用させていただきます。 「みんながイベントをやるために力を尽くしてくれています。 やれる状況であることをありがたいと感謝し、予定通り行いたいと思います。 そして、皆さんに会いたいです。」 gris sourisのお店も奇跡的に無事だったようですし わたしも、こんな中でも食材は調達できました。 他の出展者の方も粛々と準備を進められているようです。 被災地の映像や、原発のニュース、インフラの停止など ついつい、気分が塞がってしまいそうなるけれど 春は、ちゃんと近づいていて そこに目を向けてもいいだろうとわたしも思います。 お店の場所は千葉市稲毛区、 JR稲毛駅から歩いて10分弱のところです。 <gris souris> HP http://gris-souris.net/ 交通網が不安定な中ではありますが ご無理のない範囲でいらっしゃれる方は どうぞ春を感じにいらしていただければと思います。 わたしも、精一杯、がんばります。

Natsuki

2011.3.3 春の色いろ

by Natsuki  2011 年 3 月 4 日 – 02:17  category イベント, 毎日の食事

ひな祭りです。 今日は ジャガイモのと挽肉の卵とじ せりのサラダ 大根フリット(夢農楽の大根) しめじとにんじんのおみそ汁(あいよ農場のお味噌) でした。 ひなまつりということで、はまぐりも考えましたが あまりの高さにびっくりして 断念しました…。 昨日、買物にいったとき 「中国生まれ、日本育ちのはまぐり」 というのが、国産のものよりかなりお安く売っていたのに ちょっとうけました。 さて、今日は、からっぽ食堂閉店後に、gris sourisへ行きました。 3月15〜19日に行われるgris sourisのイベント「春の色いろ」で出すランチプレートとお菓子の試作品を 店主のリナさんに食べてもらおうと思い。 試作品を弁当に詰めました。 桜花の塩漬けとせりの玄米ごはん、せりのさらだ、大豆ナゲットです。 この他に、ごはんのキッシュ、レモンのパウンドケーキ、ほうじ茶のプリンを持っていきました。 お昼を食べたというリナさんに、無理矢理?ご試食いただき おおむね好評で、ほっとしました。 その後、頓挫していた編み物のレクチャーをうけ 「春の色いろ」のDMを頂いて帰りました。 このDM、素敵だなあと思って、きいたら 「ハルさん」というリナさんのお友達が担当されているのだそうです。 リナさんとハルさんは、なかなか運命的な出会いをされて それ以後、gris sourisのHPもこれまでのイベントのDMも全てハルさんのデザイン。 好きなテイストが似ているからイメージの伝達がしやすいと言っていました。 そんな関係っていいよなあ。 gris sourisのblogにも、「春の色いろ」の情報がアップされています。 http://grissouris.exblog.jp/14341660/ 「からっぽ食堂」の名を見つけて、喜んでしまうわたしです。

Natsuki

からっぽ食堂、gris sourisさんでごはんを出します

by Natsuki  2011 年 2 月 18 日 – 22:29  category イベント

千葉の稲毛にある雑貨屋さん、「gris souris」(http://grissouris.exblog.jp/)では 来月の3月15日(火)〜19日(土)に春物のフェアが行われます。 フェア期間中、最初の3日間(3月15日〜17日)、 からっぽ食堂がお店のカフェスペースでごはんを出させていただくことになりました! 今日は、その打ち合わせで、お店にお邪魔してきました。 からっぽ食堂のオープン時間は11時〜17時(16時半ラストオーダー)の予定で 春っぽいランチプレートとデザートをお出ししようと思っています。 gris sourisさんは かつて店舗付きの住居だったスペースとその奥にあった下宿アパート2室分を まとめて改装してお店にされていて 店内には、 布巾や毛糸、洋服、靴下、お茶、器、はし、フライパン、洗剤、手帳、日替わりのパン…などなど 丁寧に作られたものが、丁寧に並べられています。 とっても気持ちのよい場所です。 お店の奥に、カフェスペースがあって、そこで、ごはんをお出しします。 からっぽ食堂の登場は平日なので、 お勤めの方や都内の方は難しいかもしれませんが 週末18日(金)と19日(土)は、mizuiro coffee(http://mizuiro00.exblog.jp/)の直井さんの おいしいコーヒーとごはんが頂けます。 しかも、陶芸作家さんでもある直井さんご自身が作られた器で食べれるんです。 贅沢! すてきなお店なので、この機会にぜひぜひ遊びにきてください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー gris sourisさんにはじめてお邪魔したのは、先月末で、 友人のちかこさんに連れて行ってもらいました。 お店が、とても素敵だったので その後、オーナーの飯島さんに、意を決して 「わたしもごはんをつくっているんです…」とお話したところ 「ちょうど、来月イベントをやるのでそのときに出しませんか?」 と誘っていただけました。 言い出したときは、緊張のあまり、背中に汗をかきましたが 誘っていただけて本当に嬉しくて、家で、思わず「やったー!」と声を上げてしまいました。 このうきうきした気持ちのままに、メニュー考えたいと思います。 ↑girs souris とオーナーの飯島さん