Natsuki Mio » Blog Archive » 高山なおみさんの料理ショー
Natsuki

高山なおみさんの料理ショー

by Natsuki  2014 年 3 月 10 日 – 01:38  category BLOG, 思ったこと考えたこと

高山なおみさんの「料理ショー」@キチムに行ってきました。

高山さんの料理本はよく見て作るし
「料理する」姿勢的なものとかも
かなり影響を受けている。
細く長く憧れの人です。

今回の料理ショーのメニューは、ロールキャベツ。
「教室」ではなく「ショー」なので
わたしたちは高山さんが料理するのを見ている。
ロールキャベツをコトコト煮込んでいる間は
立花文穂さん(高山さんの新刊料理本のADを務めている)のつくったショートムービを鑑賞したり。そして、最後にじっくりと煮込まれたロールキャベツを頂きました。

高山さんのロールキャベツ作りは
おおらかに、のんびりと、材料や火加減と対話する感じで進んでって
もう、食べる前からなんとなくわかる。
で、口に入れると
ああ、やっぱり美味しいな、と。

翻って、わたしの最近の「料理」はというと
なかなか、そんなゆとりがなく。
面倒だなあと思いがちです。
でもね、そりゃ、わたしだって時間があれば
キャベツをゆがいて丁寧に1枚1枚はいで
お肉つつんで1時間コトコト煮込みたい。
そうです。仕事に追われて「ああ料理は面倒」と思いながらも
同時に料理がじっくり出来ないことがストレスであったりもする。
多分、わたしの中で、「料理する」というのは
「仕事する」とか「遊ぶ」とか「寝る」みたいに
それがないとバランスを欠いてしまうようなものなのかなあと
高山さんのショーを見ながら
ぼんやり再確認したりしていました。

さて、実はショーの最後にとてもステキなサプライズがありました。
なんとたまたま会場に、ハナレグミの永積タカシさんがやってきて
即興でライブしてくれちゃって。
ロールキャベツ食べながら、ハナレグミの染みる歌。
本当に豪華な夜でした。

今回のイベントは友達のなべちゃんが
知らぬ間に私の分まで応募してくれたおかげで参加することができました。
仕事がきつかったので参加するかどうかもちょっと悩んだけれど
行くって返事してよかった、それで実際に行けてよかった。
直感よ、ありがとう。仕事がんばった体よ、ありがとう。なべちゃんありがとう。
すてきな日曜日でした。

Post a Comment