Natsuki Mio » 2011 » 9月
Natsuki

2011.09.18-19 福島と仙台の旅 その1

by Natsuki  2011 年 9 月 24 日 – 03:19  category 日々のつれづれ

先週末、夜行バスにのって、福島へ向かいました。 目的地は、福島市飯坂温泉にある「大黒屋果樹園」さん。 以前のブログでも書きましたが、 わたしたち30家と大学の後輩のおいちゃん&ともこ夫婦は 共同でこの果樹園のぶどうの木のオーナーになりました。 原発事故があり、大変だったであろうこの一年ですが 無事、立派に育ったとのことで、収穫にうかがいました。 飯坂温泉駅でおいちゃんとトモコ夫婦と合流し、午前10時頃、果樹園に到着しました。 永倉さん夫婦に、出迎えてもらい、早速ぶどう畑へ。 お天気にも恵まれたこの日。ぶどうの木の下は木漏れ日がとっても気持ちがよかったです。 ぶどうの木は、直立すると頭をぶつけるくらいの高さなので、30氏などは、しっかり腰を曲げたじいちゃん歩きで移動しています。 おいちゃん。 フレッシュなぶどうとフレッシュなトモコw。 ぶどう畑で集合写真 ぶどうの収穫作業は、ぱちんとはさみで房を切り取るもので わずかな時間で終わりました。 でも、なんだかとても充実した気分になれました。 本当にひとつひとつ手をかけてもらって大きくなったんだなあと実感。 こんな大変な一年を、乗り越えたぶどうはとても重みがありました。 実は去年も、このオーナー制度に参加していました。 ただ、去年の今頃はとにかくバタバタだったので 収穫に伺うことが出来ませんでした。 一年越しにようやくお会いすることが出来た永倉夫妻は、朗らかで温かくて お邪魔した私たちも元気をもらうくらいでした。 おいしいぶどうを育てていただいて本当にありがとうございました。 名残おしくも、果樹園を去る時、時計をみればまだ午前中! すごい! まだまだ、旅はつづきます。

Natsuki

2011.09.16 中嶋さん

by Natsuki  2011 年 9 月 24 日 – 02:55  category 日々のつれづれ

からっぽ食堂には、うれしいことにたくさんの人が遊びに来てくれます。 私の無精のせいで、都度、このブログにアップはできていないのですが 素敵なゲストばかりです。 おかげでKARAPPO社員は、よい刺激を受けながら楽しいランチタイムを過ごせています。 先日は、なかじまやの中嶋栄子さんが来てくれました。 中嶋さんは、ライター業をしつつ、ご実家の茨城県取手市で月のリズムに沿ってお米を作っていらっしゃいます。このお米、とてもおいしいという話をきいています。 中嶋さんは「なかじまや」という屋号で、イベントでご飯をだしたりするので そのときに、この月のお米も購入できるそうです。 食べたいなあ。 今回は、電車を乗り継ぎ、取手からやって来てくださいました。 食堂(我が家)の風通しのよさとか(笑)、KARAPPO事務所とかも気に入っていただけたようでよかったなあと思いました。 お土産に、なかじまやの梅干しとお味噌をいただきました。 実は、今回でお会いするのが2回目ですが、 中嶋さんとお話していると、不思議と心が落ち着くなあと思っています。 今度は、ぜひ、KARAPPO社員で、中嶋さんの田んぼに社会科見学したいな。 右側の女性が、中嶋さん。左側は、わたしではなく9月からKARAPPO事務所をmagariしてくれている齋藤さんです。齋藤さんのことも、改めてご紹介したいと思っています。

Natsuki

2011.9.4 ボーソードライブ

by Natsuki  2011 年 9 月 7 日 – 20:09  category 日々のつれづれ

9月4日、房総ドライブに行ってきました。 そもそもは、キャンプがしたいというところから始まったのですが 機を見計らったかのように、台風がやってきたので 予定していたキャンプ場が閉場になってしまい 日帰りドライブとあいなりました。 白浜、千倉、館山… 大学時代によく訪れていた場所が どんどんおもしろくなっているようです。 レンタカーを借りてまずは鴨川にある「大山千枚田」へ。 「東京から一番近い棚田」という謳い文句のこちらは 今は、貸し農園として運営されているようです。 この日はちょうど稲刈りの日で随分な賑わいを見せていました。 棚田の景観を貸し農園にすることで保存するというやり方はなるほどな、と思いました。 次に「器+cafe 草」さんへ行きました。 大山千枚田のすぐ近く。 離れの器やさんと、住居も兼ねた母屋のcafe。 畑の中にぽつんとたつかわいい山小屋のようなお店です。 季節の野菜が入ったおいしいカレーとカボチャの冷たいスープと自家製のパン、それと豆腐のチーズケーキ。 高い天井と白い壁に囲まれて 小さい窓の向こうのひまわりを眺めながら食べました。 もともとは青山で、お店を始められたけれど 去年、家族で鴨川に移り住んで来たのだそうです。 娘さんが二人いらっしゃって 楽しそうに遊んでいました。 お腹が満ちて、重くなったまぶたをがんばって押し上げながら 次に千倉の「binowee」さんに向かいました。 畑の中にあるのでカーナビが効かなくて 細い路地をぐるぐるまわってようやくたどり着きました。 背の高いビニールハウスの中に、エアプランツとか多肉系植物とかサボテンとか 珍しい植物がたくさんディスプレイされていました。 そうか、千倉って南国なんだよなあと気がついた瞬間でした。 聞けば、店主の方は、以前、南房パラダイスにお勤めされていたそうです。 白浜に通っていた時何度となく通り過ぎたナンパラ。 次回は、ナンパラにもいってみよう。 植物育てるの下手なのは自覚しているのですが こういうお店に来るとどうしても、何かお持ち帰りをしたくなって エアプランツなら…ということで2種購入しました。 ひとつは「イオナンタ」もうひとうはお店の方も「名前が不明なんですよねえー」と言っていたので 「ダレナンダ」と命名しました。 そして、さらに国道を401号を南下します。 次の目的地は「安房暮らしの研究所」さん。 dodoさんに話を聞いて以来、ずっと行きたいと思っていました。 店主の菅野さんがセレクトした国内メーカーの生活用品と 安房の作家さんの作品などが並びます。 さらに菅野さんは我が家で今一番ホットなメディア「0470-」というフリーペーパーも共同編集もされています。 ここは、もともと旧漁協組合の建物でした。 小学生がたくさん来るそうです。 お店の一部の壁は、そんな常連小学生の寄せ書き(落書き?)がいっぱいでした。 菅野さんは、小学生から(おそらく親しみと尊敬をもって)「菅野!」と呼び捨てにされるそうです。 そして、このお店には、「さぶちゃん」という常連さんがいて、お会いすることが出来ました。 さぶちゃんの歌う「北島三郎」も聞かせてもらいました。 このお店は、懐かしくて新しい場所になっていくんだろうなと思います。 みなさんもどうぞ体感しにいってみてください。 その後は、シラハマアパートメントへ行きました。 ここは、ゲストハウス、シェアハウス、カフェが一緒になった場所だそうです。 残念ながら、1階のカフェはお休みで、中に入ることはできませんでした。 ただ、この場所が、以前白浜に研究室のプロジェクトよく訪れていた時 「これ、なんだろう?」といつも不思議に思っていた建物が、リノベーションされたものだと 気づいて、なんだか嬉しくなりました。 晩ご飯は「オドーリキッチン」というところで食べました。 シラハマガーデンという会社の保養所の中にあるイタリアンのお店です。 ここも、年にできたそうで、なんだか白浜の新しい雰囲気を感じる所でした。 大学のとき、地元の商業施設のオーナーや役所の方に向けて 施設のリニューアルや観光案内サインの提案をしていました。 当時も学生なりに一生懸命考えてプレゼンし、案内サイン等は実際に白浜に設置されています。 ただ、そのときは、卒業したら、都内で就職するつもりだったし 継続してこの地とつき合うということは頭にありませんでした。 けれど、今は千葉県住民になって、ずいぶんとこの場所での出来事が 学生時代よりも、自分事に思えるようになったような気がします。 近いうちに、夫30氏と千葉のメディアを作りたいと話しています。 この千葉でのムーブメントをつないで盛り上げられるようなものを作りたいです。

Natsuki

2011.8.28 朝ヨガ&朝ごはん

by Natsuki  2011 年 9 月 5 日 – 16:42  category イベント

前回に引き続き、夏休みの日記を一気に書き上げる気分で更新しております(笑)。 8月最後の日曜日、千葉のポートパークで行われた「朝ヨガ&朝ごはん」の会で、 朝ごはんを作らせてもらいました。 これは、毎月おもしろいテーマで「学び」の会を行っているおけいこカフェの8月の企画です。 朝7時半という、なかなかハードな集合時間でしたが この時間の公園は、ほんとうに清々しくて気持ちよかったです。 木陰もちょうどよく広がってて。 ヨガの先生は慈香(いつか)さん。(後ろ向きですが) とても華奢でかわいらしい方ですが ひとたびヨガを始めると、しっかり「先生」の様子。 わたしは、朝ごはんの準備で、ヨガは少ししかできなかったけど 本当に気持ちよかったです。 朝という時間と、公園の芝、目をつぶると、風と蝉の音を感じました。 さて、朝ごはんですが、「野菜のお寿司」と「じゃがいものすり流し」を作りました。 お野菜の仕入れは、「ゆうきネット」の喜屋武さんに、今回もお願いしました。 イベントで朝ごはんを作るのは今回がはじめてでした。 しかもヨガの前後は、本来ならば、食事をとらない方がよいと言われているようで 「さて、何をつくったらいいだろう?」 と随分悩みました。 メニューを考えるにあたっては 先生の慈香さんに、アーユルベーダの考え方を少し教えてもらったり わがまま言って、KARAPPO事務所でプレ「ヨガ会」をやってもらったりもしました笑。 とにかくヨガの気持ちよさをそのままに、食べて、体にすっと馴染む感じをイメージして作りました。 試行錯誤のかいあって、お寿司もすり流しも好評を頂きました。 なすやピーマン嫌いなお子さんも「おいしー」といって食べてくれたのはうれしかったなあ。 ↑すりながしをごくごく飲んでくれていた参加者のももちゃん 飲み物はTreasure River Book Cafeの宝川くんが用意してくれました。 そして、お寿司の下にしいた経木は山武市で活動しているWO-unのクリさん&きょうさんから提供してもらいました。山武杉の経木なんてとっても贅沢です。 わたしがいつもお世話になっているみどり台のパン屋さん「dodo」の本行さんもお姉さんと一緒に参加してくれて、気持ちよかったーと言っていました。 他の参加者のみなさんも「朝ヨガ」の気持ちよさを体感されていたようでした。 おけいこカフェは、毎月、おもしろいテーマ&先生で楽しく「おけいこ」できるそうです。 9月は「日本酒」がテーマ。これ、なかなか興味深いのでわたしも参加しようと思っています。 どうぞチェックしてみてください。 おけいこカフェ

Natsuki

2011.7.17 「千葉の暮らしごはん@ヒメモス」

by Natsuki  2011 年 9 月 5 日 – 15:19  category NEWS

とうとう夏の盛りは、過ぎましたね。 さて、一ヶ月半ほど遡りますが、7月17日、阿佐ヶ谷の「器とcafe ひねもすのたり」にて「千葉の暮らしごはん」というタイトルでご飯を出させてもらいました。 ヒメモスという、ひねもすのたりの定休日に行われる企画を主宰している平野さんに、声をかけてもらい実現しました。 ヒメモスについてはこちら 千葉に暮らし始めてから、 農家さんやパン屋さん、カフェのスタッフさん、 有機野菜を宅配してくれる方、お料理の先生etc いろんな方とご近所さんになりました。 おかげさまでおいしいご飯を頂くことができています。 知っている人たちが作ったものでお腹を満たせるって幸せなことだなあと改めて思います。 そこで、今回は、そんなわたしの千葉の暮らしのごはんをそのまま、料理にしました。 「千葉の暮らしごはん」メニュー ・トマトとキュウリとピーマンのガスパチョ風スープ/酒粕クラッカー ・お惣菜プレート(野菜のグレッグ、冷や奴枝豆のせ、塩揉みにんじん、キュウリの豆腐マヨネーズのせ) ・3色コロッケ(※写真上) ・蒸し鶏のトマトマリネ ・とうもろこしとしょうがのごはん ・しげファームのブルーベリーのタルト ・お土産 あいよ農場のじゃがいも 今回のお野菜は、いつもお世話になっている東金のあいよ農場さんと 有機野菜や自然食品の宅配の「ゆうきネット」の喜屋武さんにお願いしました。 そして、とうもろこしとしょうがのご飯は、 千葉の姐様「カフェ呂久呂」の野口さんに教えてもらった味です。 千葉の先輩方!ありがとうございます! 20名近いお客さんに来ていただきました。 HPを見て来ていただいた方もいて、嬉しかったです。 とにかく暑い一日で、みなさん汗かきながら食べてくれました。 本当にありがとうございました。 今回、コース料理の組み立ての難しさを、とても感じました。 毎日のからっぽ食堂では一汁二〜三菜ぐらいですが 品数が増えると食べ合わせ、順番、量、など 考慮すべき点も増えていきます。 もっとバランスや、体へすっと馴染むようなコースを考えていきたいと思いました。 それでまたヒメモスに登場できたらと思います。 この日お手伝いしてくれた頼りになる大学の後輩、トモコ。 急なお願いながらお手伝いをしてもらいました。 なんと「ひねもすのたり」の数軒となりに住んでいるトモコ(徒歩1分圏内)。 買い出しをしてもらったり、急遽、自宅からクーラーボックスや新聞紙をもってきてもらったりと 終始、大活躍いただいて本当に感謝です。 それと、千葉からの大荷物を一緒に電車で運んでもらった夫、30氏にも。 一応お客さんでもあったんだけどね(笑)。 ありがとう。 そしてヒメモスの平野さん、スタッフの皆様、一日本当におつかれさまでした。 またよろしくお願いします。 いろんな人に支えられてどうにか無事終えられた「千葉の暮らしごはん@ヒメモス」 みなさま、またお会いしましょー。