Natsuki Mio » 2009 » 12月
Natsuki

干した野菜でカレーをつくる

by Natsuki  2009 年 12 月 22 日 – 20:57  category NEWS

試作二回目。 今回は水を加えずドライカレーにしてみた。 干した野菜の味は、ぐんと甘くなる。 なめても甘くないけど、噛むと甘い。 カレー粉、唐辛子の辛さと野菜の甘さで、甘辛系。 どちらかというと肉じゃがに似た庶民派カレーになる。 前回は、水を加えて煮たけども、ドライカレーの方がうまいなあ。 写真があまりきれいでないのは 食べてる途中に写真を撮らなきゃいけないことに気がついたからであります。 あわてて、整えた図。

Natsuki

トマトの伝達力

by Natsuki  2009 年 12 月 16 日 – 11:56  category 思ったこと考えたこと

昨日、スパイラルであったThonikのトークイベントに行ってきました。 Thonikとは、ThomasさんとNikkiさんがはじめた、オランダのグラフィックデザインスタジオで現在、スパイラルの25周年プロモーションの一連のアートディレクションをやっています。 ユトレヒト美術館やボイマンス美術館のADとか、ヴェネチアビエンナーレ建築展等のVI、オランダ社会党の選挙キャンペーンなどの仕事を紹介してもらいました。 共通しているのは、できるだけシンプルなグラフィックを、しつこいくらいに繰り返し使って、プロダクトにも空間にも展開していくやり方です。一つのロゴがいろんなところに出現するので、訴求力が高い。 (ヴイエンナーレのVIとかはいい例) 中でも、社会党の選挙キャンペーンの話が特に面白かったな。 トマトはもともと、「ひとに向けて投げつけられるもの」として抵抗勢力の象徴で社会党のシンボルにも使われていたようです。 周りにしずくが飛び散ったりしていた過激なトマトマークを肯定的に捉えられるように、リデザインして、一連のキャンペーングッズを制作。 さらに、トマトスープのレシピ制作を著名な料理研究家に依頼して、党首自ら町中で配って歩くというイベントを打ったそうです。 トマトをスープにして食べてもらうことで、党のあたたかさを表現したかったんだと言っていました。 ロゴマークが視覚を飛び越えて、胃袋に訴える、そんな展開もあるのかと驚きました。 お腹の中で感じるスープのメディア力はかなり強力だったろうなあ。 「ロゴマークはコミュニケーションが始まるシンボルです」っていうThomasさんの台詞が、すっと腑に落ちました。 ちなみに社会党はThonikによるキャンペーンの後、見事議席数を大幅に増やしたようです。 スパイラルで、今月29日まで展示もやっています。 他の仕事も色々。 良ければ是非。 http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2009/12/thonik-exhibition-en.html

Natsuki

絶賛乾燥中

by Natsuki  2009 年 12 月 15 日 – 10:11  category NEWS

野菜干してます! これらで、干し野菜カレーを試作予定です。 千葉某所のKarappo事務所(http://www.karappo.net/)で、実にきまぐれに開催されるかっらぽ食事会は なかなか千葉を離れられない、なんだかんだで千葉ラバーなメンバーで毎回楽しくやっております。 3回目の今回は初の忘年会です。 「時間を食べる」展(http://www.kashico.net/?p=175)を見た影響で 干したり、浸けたり、じっくり仕込みに時間をかけておいしくなるものをつくってみようと思っています。 この干している(=じらされてる)時間がたまらないな。

Natsuki

豆!

by Natsuki  2009 年 12 月 10 日 – 12:44  category 日々のつれづれ, 紹介

お歳暮セット(http://www.kashico.net/?p=182)の中の コーヒービーンズチョコに入れたコーヒー豆は 府中にある「南方郵便機」というお店で購入しました。 お店はこちらです→http://www.nanpouyuubinki.com/ チョコとくるみのやつが余分にできたのでお裾分けしにいったら コーヒーの粉を頂きました。 じゃん!いいにおいなんだ、これ。 手前のは、チョコにいれたお豆。 このコーヒーで、また何か作ってきますー。 お歳暮をあげたTさんの奥さんにも、チョコが好評だったようでよかったよかった。 豆のおかげです! ありがとうございましたー。

Natsuki

お歳暮

by Natsuki  2009 年 12 月 9 日 – 08:57  category 日々のつれづれ

お歳暮を作ってみました。 右からコーヒー豆とラムレーズンのチョコ、フロランタン、クルミの糖衣がけ(シナモン)、この他にレモンケーキを焼きました。 相方さんのクライアント、Tさんへさしあげました。 ちょっと緊張しました。 慎重になるあまり、まめに味見をしすぎたので、当分は甘いものを見なくても平気です。 カジュアル歳暮ということで、こんな感じになりました。(バックは、宮益坂のエクセルシオール)

Natsuki

「時間を食べる」学習編

by Natsuki  2009 年 12 月 6 日 – 03:00  category 日々のつれづれ, 紹介

「時間を食べる」という展示を見に行きました。 「時間を食べる?何それ!?」 という感じで、完全にこのタイトルにやられて見に行きました。 「時間を食べる=時間をかけたものを食べる」 ということで、内容としてはお味噌に関する展示をしていました。 味噌は、大豆と麹を混ぜて、時間をかけて発酵させます。 味噌を味わうということは、その仕込みにかけた時間も一緒に味わうということで このタイトルみたいです。 うーん。いいなあ、この考え方。 この展示では、岩手県のタイマグラという、昭和の終わりにようやく電気が通った土地に住むおばあちゃんが作っていた お味噌がフィーチャーされています。 通常より長く(2年)寝かせて作られたそのお味噌は、複雑でパンチのある匂いがしました。 (実際のものがおいてあって、匂いがかげるようになっています。) これで作ったみそ汁もパンチがあるに違いない。飲みたい。 ビールにチーズに納豆、ヨーグルト、そういえば私は、発酵した食物が大好きだなあ。 時間を食べているからなんかね。 入場無料の展示です。三軒茶屋に行くのならば、のぞいてみてください。 http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/modules/events/event_detail.php?id=263

Natsuki

物言うからだ

by Natsuki  2009 年 12 月 3 日 – 12:51  category 思ったこと考えたこと, 紹介

「パリオペラ座のすべて」を見に行きました。 http://www.paris-opera.jp/ 世界最古のバレエ団、パリオペラ座のドキュメンタリー映画です。 ダンサーの練習風景、ゲネプロ、衣装のお仕事、オペラ座の建物、屋上の養蜂場…などが淡々とつながれた160分。 起伏のない内容だけど、ダンサーの体の動きは、みてて飽きない。 振付家のちょっとしたアドバイスもすぐに反映できる、体の隅々まで神経が通っている体。 そこまでになるためには、どれだけ体を鍛えているんだろうかな。 言葉でないもの(体、動き)で、何かを伝えようとする気迫に、影響されました。 映画館から出たときは、いつもより背筋を気にして歩いてみたり。