Natsuki Mio » 2009 » 10月
Natsuki

回想と洋食

by Natsuki  2009 年 10 月 28 日 – 09:42  category 思ったこと考えたこと, 日々のつれづれ

昨晩は、同期・ヒデミンと先輩・亀さんと新宿で、ゆったりと飲んできました。 気になっていた、イーグルというお店です。 働きにいかなくなったけど、こうして会社の人たちとはちょくちょく会っています。 中にいたころは、彼らをすごいなあとか素敵だなあと思う分だけ それが自分へのコンプレックスとして跳ね返ってきたので、 素直に「すごい!」とか「素敵だ!」と思いづらいところがありました。 組織を外れて二人に会った昨日は、それぞれの仕事の話やプライベートの話、今までカットアウトされていたであろう細かい仕草とかも、自然にすっと自分の中に受け入れられる感じがして、その感覚が気持ちいいなあと、勝手に思っていました。 さて、今朝の朝食は、作り始めて初の、洋食でした。 普段と違うものを違う手順でつくったせいか だいぶ時間がかかってしまいました。 野菜の搾取スープと、人参サラダと、焼きソーセージ、パン、カフェオレ これで、1時間くらいです。 今日のスープは、あくせくして写真とりませんでした。 なのでとりあえず、この間つくったスープの写真(笑)。

Natsuki

搾取

by Natsuki  2009 年 10 月 27 日 – 01:36  category 日々のつれづれ

最近、朝食制作の片手間に楽しんでいることは、「搾取」です。 最後まで容赦なく搾り取ります。 まずは、鍋を一つ用意。 その中へ野菜を切る度に、切り落としたへたとか、皮とか、微妙にあまった野菜とか、ついでに冷蔵庫でもう生じゃあかん!っていう野菜を、どんどんぶち込んでいきます。 そこへひたひたの水を入れて、朝食を作るかたわら煮ときます。 気長にやって、野菜が「もう出し切りました…」という顔になったら、漉します。 そして、これを昼食時のスープにします。 今日の場合は、ねぎの緑の部分、だいこんのへたの部分と皮、おろしの余りの大根、冷蔵庫で小さくなってたシソを入れて煮ました。 ちなみに煮てる途中のスープで、朝食用のソーセージもゆでてみました。 ソーセージからでるであろう出汁も搾取! シソが、いい仕事をしていました。すっとする味。 煮ていた野菜の中から大根だけ取り出してわかめと合わせて、塩とコショウ、しょうが、ごま油を入れました。 この、搾取作業の何が楽しいって、どんな味になるかできるまでわかんないことと 片手間にできること、最後まで野菜を成仏させている(笑)という満足感、そして何よりおいしいこと。貧乏性の私には、とても向いてます。

Natsuki

週末の朝

by Natsuki  2009 年 10 月 23 日 – 12:26  category 日々のつれづれ

今朝は、いつもより輪をかけて眠くて 布団を出る最終リミットを6時半と決めているのだけど 今日はそこから10分ほど過ぎてしまいました。 寒かったのか、とりあえずネギをたくさん入れたみそ汁をつくった。 (※ネギはぽかぽかする) あとは、にんじん、エノキ、しめじ、なす、かぶをゆでたり蒸したりして、それに味噌ダレをかけてみました。 今週は人と会って、飲んだり食べたりが続いたので、おなかが疲れ気味だったのか、 みそ汁しかり、味噌ダレ野菜しかり、素朴なものが食べたかったのかなあ。 ちなみに今朝は御飯を食べませんでした。 そして、恒例の卵焼きを今日は和風オムレツにしてみました。 卵に、焼いた椎茸とネギとじゃこ、それに出し汁とみりん、塩をいれて焼いた後 しそと、大根おろしとしょうがを上にのっけてだしました。 これが割とうまかった。 新作でしたが、大根のマリネのような悲劇はなく(笑)、 父母も、黙ってぱくぱく食べていました。 残念ながら、写真がないのは、私が、油断して母のお茶碗をわってしまって わらわらしてたからです…。 金曜日は、よくも悪くも、ウィークデイのしわ寄せがやってくるんだなあと思いました。

Natsuki

アフターパーティ

by Natsuki  2009 年 10 月 22 日 – 15:11  category 日々のつれづれ

昨日私が千葉で大学の授業に参加していた頃、母は自宅で、大学時代の友人3人とホームパーティをしていました。 おそらく、わたしと弟が手のかからなくなった頃から、参加メンバーの家で年に数回催されているこのパーティ。 ここ最近は、我が家で開かれることが多くなった。 それぞれが、腕をふるってのポトラックパーティで、残り物を頂くのだが、どれも美味しい。 というわけで、本日の朝食は、この豪華な残り物達メインの献立となりました。 これだけ、総菜があるなら、と思い、手抜きをするつもりでいましたが、菜っ葉(うちで言うところの、緑の葉っぱ系の野菜)がないよねという母の一言で、冷蔵庫で、しょんぼりしていた水菜を油揚げとにて、出すことにしました。 それと、みそ汁、卵焼きは用意。みそ汁は、小ネギとなめこです。ご飯も、これまた残りの炊き込みご飯でした。 今日の写真は、iPhoneで撮影しました。 ちなみに、本日は朝から、豪華なデザート(タルトタタン ※これももちろん残り物)付きでした。

Natsuki

千葉出張

by Natsuki  2009 年 10 月 22 日 – 14:19  category 日々のつれづれ

昨日のことになりますが、母校千葉大学の授業へ参加してきました。 授業が、一限目(8:50〜)だったために、千葉へ前日入りしましたが 日課を全うすべく、相方M氏宅にて、朝食制作を行いました。 冷蔵庫にあった、M氏が2日前につくったパスタ具材の残り物達が みそ汁(きゃべつ、タマネギ、しめじ)、人参と鶏肉のサラダ、となりました。 さて、これを食べ、いざ、そろって大学へ。(※ちょっと遅刻) 参加した授業というのは、大学1年生に対する「先輩の仕事紹介」という内容で、いち先輩としてM氏が呼ばれていました。 退職をして時間があったのと、研究室の先生に挨拶をしにいきたいと思ったので、わたしはそれにくっついていくことにした。一応、Karappo事務所、就職予定者という名目で。 他にも、パッケージデザインをやっている2個上のSさんとか、展示デザインをやっているKくんが「先輩」として招かれていて、無職のわたしとしては、どちらかというと学生側の立場で、それぞれのまぶしい仕事ぶりをきいていました。 なかでもK君は、しっかりと作り込んだプレゼンテーションで 「就職を勝ち抜くためには、自分のやりたいことをひとつ決めて磨かなきゃいけない。ひとつのやりたいことを決めるというのは99のやらないことを決めること」という熱いメッセージを送っていて、先輩というよりむしろ熱血教師というその姿に、苦笑をしながらも、「なるほどねえ」ときいていた。 昼ご飯は、私がお世話になった、環境研S先生とH先生、あとメディア研のO先生と一緒にリニューアルした北京亭へ行った。 円卓をずらり7人で囲み、学生の就職状況の話、卒業生の話、仕事の話などなどに花が咲きました。 わたしは、おみせのおばちゃんのエプロンが、「キッチン小川」のであることを発見したり、たんめんの上にたっぷりのっかった野菜炒めをせっせと取り崩していました。 食べ終わって、となりに座っていたH先生に、これまでの仕事の話や辞めることになった経緯を話しました。 退職の話は,幾度となくしてきたけど、その度に、話しながら、自分の頭が整理されていく感じがします。 このときも、そうでした。 あっという間に、小一時間がたって、店を出て、それから千葉寺にあるゴルフの打ちっぱなしに行って、バーバーMIOでヘアカットもしました。夜は、「かぼちゃわいん」で食事をしました。 大学の近くにありながら、在学中は一度もいったことのなかったレストランです。 前菜の生牡蠣も、主菜の牛ヒレステーキも美味しかったけど、途中で出てきたフランスパンがとても面白くて、ついついおかわりをしてしまい、デザート用の別腹も音を上げるくらい、おなかが膨れました。 大いなる満腹感とともに、店を出ると、夜の肌寒さを感じました。 時計をみると、まだ21時前で、今日は随分といろんなことをしたなあと、思いました。

Natsuki

父が熱を出した

by Natsuki  2009 年 10 月 20 日 – 17:07  category 日々のつれづれ

父が、昨晩熱を出した。 「まさかインフルエンザ!?」 という緊張感のもと、私と母は、もしそうならば確実に手遅れなのにも関わらず、 マスクをしてみたり、薬をのんだりと、朝からあくせく忙しかった。 さて、朝ご飯にとりかかる。が、まずは、手をあらう。 父のこともあって、いつもよりすこし念入りに。 冷蔵庫の野菜室をあけて、「救出してあげたい子」を選ぶ。 だいたいそれが、みそ汁の具になる。 結果、えのき、にら、人参に決定。 そしたら、昨日の晩ご飯のみそ汁の具と2/3かぶってしまった。 そして手を洗う。 つけあわせは、大根と、小松菜を選んで、 大根はマリネに、小松菜は、ゆでてごま油、塩、レモン、ナンプラーをかけた。 大根のマリネは、レシピを見て、前々から作ってみたいと思っていた。 大根に塩をふって、その後、レモン汁と、黒こしょう、オイルをかけて冷やす。 そしてまた手を洗う。 恒例の卵焼き、本日は、刻んだねぎとじゃこをいれた。 卵を良くといておくと、卵焼き器に少しずつ流すことが出来る。 少量の卵は、フライパン上で一瞬で半熟状態になるから、裏面がこげる前に巻くことが出来る。 ただ、その裏面の焼きが安定しないんだなあ。 そして、やっぱり手を洗う。 本日、父は隔離。 皿にとりわけ、お盆にのせて、2階の寝室で食べてもらった。 母と二人で、食卓につく。 今日は、母の前でも写真を撮れた。照明の調節もしてくれた。 座って食べ始める。 今日はじめて作った、大根のマリネ、私としては、わりといいできとぱくついていたが 母は一口、口にしてから、以降、箸が進んでいなかった。 うまいと感じたときは一口目ですぐに、おいしいと言うので 「そういうことなんだな…」と確認してからは、私が、すべてたいらげた。 食べながらも、頭の中では、「もしも、父がインフルエンザだったら、今日の予定はキャンセルだろうか…明日も、金曜日も、週末もだろうか…」 と案じていた。明日がホームパーティ、週末は大好きな宝塚と、目白押しの母も、同じようなことを考えていたに違いないと思う。 父が食べ終わったおぼんをさげられると、大根のマリネが残っていた。 やはりそういうことなのか、と真摯に受け止める。 父は、その後、病院に行き、結局、インフルエンザではないことが判明。 よかった、よかった。父はもちろん、母と私の、週末も、ひとまず、救われた。

Natsuki

退職者のブレックファースト

by Natsuki  2009 年 10 月 19 日 – 18:04  category 思ったこと考えたこと, 日々のつれづれ

11月10日付けで、今の会社を退社することとなりました。 退職の経緯は、おってまた,個々お会いしたときにゆっくり話します。 というわけで、今月の初めから、有給消化の日々が続いています。 もう今日で3週間近くたちましたが、 「一日は、仕事がなくとも、案外あっという間に過ぎてゆくものだ」と感じます。 休み始めて1週間くらいしてから、そうやって淡々と過ぎていく時間に対して ちょっとした焦りを感じて、これからの毎日をどう過ごせばよいかと、やや不安になりました。 そこで、相方Mさんに相談したところ、 「ひとつでもいいから、毎日何かを続けてみたらいいんじゃないか」 という提案があって、わたしも「それいいかも」と思い、 その日帰ってから、母に「明日から毎日朝食を作らせてほしい」 と頼みました。 母としても、働いていない娘が、毎日早起きする理由が出来たのが良いと思ったようで、 二つ返事でOKとなりました。 そんな経緯で、毎朝、6時に起床し、父と母と私、3人分の朝食を作る ということが、仕事に変わる日課となりました。 ※注 会社に行くときより、早起き。 うちの朝食は基本的に、お米食なので、みそ汁を毎朝用意しています。 前の晩に、鍋に水と煮干しを放り込んで出しをとっておきます。 作り始めて2日目に作った卵焼きが、母に好評だったため、以後、毎日作っています。 ただ、火加減が、安定せず、未だこれだ!という出来にはいたっていません。 毎朝、冷蔵庫を開けて、 何をみそ汁の具にするか 昨日の晩ご飯の残りが、あるときは、それに合わせて、どういうものを作るか 痛みかけている野菜を、どう使い終えるか なんてことを考えていると、これは以外と、創造的な行為だなあと感じます。 4年前に会社勤めを始めて以降、3人揃って朝食をとるということが ほとんどなかったので、今更ながら気づくことがあります。 いつの間にか、父も母も、茶碗の半分くらいしか、ご飯を食べなくなっていて 私が二人のご飯をよそうのだけども、これくらいかなと思って眺めると なんだかさみしい量に見えるので、少し足して渡すと 「もうちょっと減らして」と返されます。 わかってはいるもののついつい、多めによそってしまうらしく、 ついでは返されるのやりとりが何日か続きました。 朝食を作り始めてから10日目の今日、やっと、ちゃんとした写真がとれました。 なんとはない普段の食事を、わざわざ写真におさめているのを 見られるのが恥ずかしく、これまで撮れずにいました。 今朝は、母が朝のシャワーを浴びているすきに撮りました。 「うまくできたから、撮る」 というわけではなくて、 「毎日続けているものの記録として撮る」 ところがポイントです笑。 今朝は、小ネギ入りの卵焼き、ほうれん草としめじの和え物、お味噌汁(豆腐、こねぎ、しめじ)。 今日は、母が奮発して買った、かなりいい卵を使ったせいか、卵焼きが甘く感じました。 和え物に使ったほうれん草は、葉がしっかりしていて、ゆでてもへたらない、根性あるやつでした。 今後、すきをみては、写真をとり、朝ご飯記録を出来たらいいと思います。

Natsuki

パチンコ大根と土育ちの水菜

by Natsuki  2009 年 10 月 6 日 – 03:17  category 日々のつれづれ

会社勤めをしてからというもの、あまりいけていなかった「里山キッズ」の活動に参加してきました。 里山キッズとは、町田市に残る「里山」を舞台にした、小学生対象の放課後活動のことです。活動についてはこちらを参照ください。 http://www.be-nature.jp/satoyama/office/app.html わたしは、2006年から、いけるときに、ボランティアスタッフとして参加しています。 今日は、畑仕事の日でした。 近くの、農家の方の畑を間借りして、今年は、大根と水菜を植えています。 今日は、大根の間引き作業と、水菜の収穫をしました。 間引いた大根には、既にパチンコ玉くらいの膨らんだ根がついていて それを、水洗いをして、マヨネーズをつけてぽりっと、子供達と一緒にかじりました。 瑞々しくて、おいしかったなあ。 [caption id="attachment_48" align="aligncenter" width="590" caption="パチンコ大根 ひげ根をおり、葉っぱをつかんでマヨネーズにつけてぽりっと"][/caption] [caption id="attachment_40" align="aligncenter" width="614" caption="畑育ちのツッパリ水菜"][/caption] 水菜も一緒に、生でマヨネーズで和えてたべました。 土で育てた水菜は水耕栽培のものよりも葉がしっかりしていて1週間くらいはもつとのこと。 たしかに。葉が厚くて、苦みを感じました。野生の味。 大人が好きな味だな、これは。 さて、活動の後は、大量にとれた、大根の葉っぱと、水菜をお土産にもらって帰ってきました。 こんな平日活動に参加できるのも、有給消化の身のメリットだ笑。 明日は、わたしの料理当番の日なので、こいつをどのように調理しようかと思案しながら布団に入ります。