Natsuki Mio » Blog Archive
Natsuki

by Natsuki  2009 年 3 月 18 日 – 14:46  category 思ったこと考えたこと, 紹介

大学の後輩で、なかなかの食通がいます。

ほぼ毎日外食で、さすがに粋で美味しいお店をたくさん知っているのだけど

最近、彼は「質の転換をはかりたい」なんてことを言っていました。

私なりに、解釈すると

「高いお金を出せば、その分美味しいものは食べられるけれど、それでは経済的にも、続かない。できることなら、お金をかけずに豊かな気分になれる食事に切り替えたい。」

というとこでしょうか。

わたしは、野外の食事が好きなのですが、苦しい思いをしてたどり着いた山頂で食べたサンドウィッチ(リュックサックの中でつ ぶれててお世辞にも美味しそうには見えなかった)とか火起こしから初めて1時間かけてつくったカレーとか、高いお金を出さずとも涙が出るほど「うまい!」 と感じた食事はいくつもあるなあと思います。

それは、「食べる前までの時間」が豊かだったからでしょうか。

最近、レシピ本を買いました。

51nkzd4lzl_ss500_

「野菜のお菓子のレシピブック」

渡部 和泉 著

サブタイトルには「やっとみつけた素直なおいしさ」とあります。

レシピをちょこっと抜粋すると

「れんこんとイチジクのタルト、ごぼうの黒糖ケーキ、グリーンピースのプリン…etc」

こういう名前聞くとなんかどきどきします。

冷蔵庫をあけたらある材料で、つくれてしまって、作り立てをほおばれます。

シチューを作ったのこりのにんじんで、翌朝、スコーンをつくっちゃうとか、なんとなく幸せだなあと思います。

後輩の話を聞いていていて、このレシピ本を見て私が感じる幸福感と彼の言うお金をかけない豊かさってのはつながるところがあるのかと思いました。

極上の味でなくても、その場や時間が楽しくなる

そんな風なお菓子を作れたらいいと思ったりしました。

↓早速「アボガドとベーコンのマフィン」を作ってみました。

p1010432

Post a Comment