Natsuki Mio » Blog Archive » 2011.9.4 ボーソードライブ
Natsuki

2011.9.4 ボーソードライブ

by Natsuki  2011 年 9 月 7 日 – 20:09  category 日々のつれづれ

9月4日、房総ドライブに行ってきました。
そもそもは、キャンプがしたいというところから始まったのですが
機を見計らったかのように、台風がやってきたので
予定していたキャンプ場が閉場になってしまい
日帰りドライブとあいなりました。

白浜、千倉、館山…
大学時代によく訪れていた場所が
どんどんおもしろくなっているようです。


レンタカーを借りてまずは鴨川にある「大山千枚田」へ。



「東京から一番近い棚田」という謳い文句のこちらは
今は、貸し農園として運営されているようです。
この日はちょうど稲刈りの日で随分な賑わいを見せていました。
棚田の景観を貸し農園にすることで保存するというやり方はなるほどな、と思いました。

次に「器+cafe 草」さんへ行きました。




大山千枚田のすぐ近く。
離れの器やさんと、住居も兼ねた母屋のcafe。
畑の中にぽつんとたつかわいい山小屋のようなお店です。

季節の野菜が入ったおいしいカレーとカボチャの冷たいスープと自家製のパン、それと豆腐のチーズケーキ。
高い天井と白い壁に囲まれて
小さい窓の向こうのひまわりを眺めながら食べました。
もともとは青山で、お店を始められたけれど
去年、家族で鴨川に移り住んで来たのだそうです。
娘さんが二人いらっしゃって
楽しそうに遊んでいました。

お腹が満ちて、重くなったまぶたをがんばって押し上げながら
次に千倉の「binowee」さんに向かいました。
畑の中にあるのでカーナビが効かなくて
細い路地をぐるぐるまわってようやくたどり着きました。



背の高いビニールハウスの中に、エアプランツとか多肉系植物とかサボテンとか
珍しい植物がたくさんディスプレイされていました。
そうか、千倉って南国なんだよなあと気がついた瞬間でした。
聞けば、店主の方は、以前、南房パラダイスにお勤めされていたそうです。
白浜に通っていた時何度となく通り過ぎたナンパラ。
次回は、ナンパラにもいってみよう。
植物育てるの下手なのは自覚しているのですが
こういうお店に来るとどうしても、何かお持ち帰りをしたくなって
エアプランツなら…ということで2種購入しました。
ひとつは「イオナンタ」もうひとうはお店の方も「名前が不明なんですよねえー」と言っていたので
「ダレナンダ」と命名しました。

そして、さらに国道を401号を南下します。
次の目的地は「安房暮らしの研究所」さん。
dodoさんに話を聞いて以来、ずっと行きたいと思っていました。



店主の菅野さんがセレクトした国内メーカーの生活用品と
安房の作家さんの作品などが並びます。
さらに菅野さんは我が家で今一番ホットなメディア「0470-」というフリーペーパーも共同編集もされています。
ここは、もともと旧漁協組合の建物でした。
小学生がたくさん来るそうです。
お店の一部の壁は、そんな常連小学生の寄せ書き(落書き?)がいっぱいでした。
菅野さんは、小学生から(おそらく親しみと尊敬をもって)「菅野!」と呼び捨てにされるそうです。
そして、このお店には、「さぶちゃん」という常連さんがいて、お会いすることが出来ました。
さぶちゃんの歌う「北島三郎」も聞かせてもらいました。
このお店は、懐かしくて新しい場所になっていくんだろうなと思います。
みなさんもどうぞ体感しにいってみてください。

その後は、シラハマアパートメントへ行きました。



ここは、ゲストハウス、シェアハウス、カフェが一緒になった場所だそうです。
残念ながら、1階のカフェはお休みで、中に入ることはできませんでした。
ただ、この場所が、以前白浜に研究室のプロジェクトよく訪れていた時
「これ、なんだろう?」といつも不思議に思っていた建物が、リノベーションされたものだと
気づいて、なんだか嬉しくなりました。

晩ご飯は「オドーリキッチン」というところで食べました。



シラハマガーデンという会社の保養所の中にあるイタリアンのお店です。
ここも、年にできたそうで、なんだか白浜の新しい雰囲気を感じる所でした。

大学のとき、地元の商業施設のオーナーや役所の方に向けて
施設のリニューアルや観光案内サインの提案をしていました。
当時も学生なりに一生懸命考えてプレゼンし、案内サイン等は実際に白浜に設置されています。
ただ、そのときは、卒業したら、都内で就職するつもりだったし
継続してこの地とつき合うということは頭にありませんでした。
けれど、今は千葉県住民になって、ずいぶんとこの場所での出来事が
学生時代よりも、自分事に思えるようになったような気がします。
近いうちに、夫30氏と千葉のメディアを作りたいと話しています。
この千葉でのムーブメントをつないで盛り上げられるようなものを作りたいです。







Post a Comment